動物だって虫歯になる?ペットのデンタルケアについて

デンタルケアの必要性とは

私達人間は、食事の後に歯磨きをして虫歯や歯周病を防いでいますよね。実は、犬や猫などのペットにもデンタルケアが必要なんですよ。知らなかったという方も多いでしょう。犬や猫も毎日の食事によって、歯石がついたり、口臭や歯周病になっている可能性もあります。ペットも歯がなくなってしまうと、満足に食事ができなくなってしまいますよね。人間同様に、歯周病は身体全体に悪影響を与えてしまうので、ケアする必要があります。また、歯石が付きすぎると大きな塊になり、口があかないほどになる事もあるんですよ。そのような状態になると、とてもかわいそうですよね。ペットのデンタルケアは動物病院で行っているので、自分でできない時は相談してみましょう。

動物病院でのデンタルケアとは

ペットがいつまでも健康に、そしてしっかりと栄養を摂取するためには、デンタルケアがとても大切です。動物病院では、デンタルケアの方法やアドバイスを行っているので、口臭や歯石がついているのに気が付いたら、診察してもらいましょう。動物病院では、歯や口の中を検査して、どのような状態か診断してくれます。もし歯石がついていたら除去する必要がありますが、動物の場合、麻酔を使うのが一般的です。また、日々のケアとして歯磨きの仕方をアドバイスしてくれます。歯磨きを嫌がるペットは多いので、医師にしっかりと確認し、コツを教えてもらうと良いでしょう。麻酔はペットの身体に負担になる事も多いので、なるべくつかないように歯磨きで予防する事が大切です。

千葉の動物病院には、平日のみならず土日や祝日も開院しているところもあるので、事前に確認するのがよいでしょう。