ペットは長い時間を一緒に過ごす大事な家族

ペットの購入は信頼できるショップで

犬や猫などのペットは、長い時間を共に過ごす大事な家族になるので、ペットショップなどで購入する際には、信頼できるところを選ぶ事が大切です。ペットショップ等を訪れた際には、先ず、展示ケースの衛生状態を確認することが大事です。排泄物で汚れていたり、食べ残しが散らかっているショップは推奨できません。衛生状態をチェックするのは見た目のためではなく、体調や病気の有無を確認するために必要だからです。ケース内の掃除や監理が行き届いていれば、ペットの体調管理も適切だと予想されます。ペットショップのチェックポイントの次が、「動物取扱業者標識」の店内掲示です。動物を販売したりする業者は、自治体から動物取扱業者としての許可が必要になります。ちゃんとした認可業者であれば、当然、店内の目立つ場所に許可証を掲示しているわけです。

ペットはブリーダー直送が安心

ペットをショップ等で購入する場合、極力、健康で元気な子を選びたいものです。動物たちがケース内で元気に動き回っていれば、ひとまず問題はないといえます。但し、それでも心配な場合は、犬や猫の状態に詳しい経験者にアドバイスを求めるのも一つの方法です。また、ショーケースには品種や生年月日等の他に、「ワクチン接種履歴」が書かれているので、その有無を確認する事も重要です。時々、ホームセンターなどの特設ブースでペットが展示販売されたりしますが、アフターケアなどが行き届かないケースもあるので、店舗型の方が安心感が高いと言えます。それれから、ペットショップが動物を仕入れるルートとしては、ブリーダー直送や卸業者を通すなど様々です。その中ではブリーダー直送が最も信頼性が高くなっています。

子犬販売なら東京が有利です。人口比で計算するとペットショップの数が他の地域に比べ少なく、子犬販売の需要が大きいからです。