可愛ければいいというものでもない?ペットを選ぶときに重要視すべきこと

臭いがきつくないかどうかチェックを

見た目が可愛いペットでも、臭いがきついと飼いにくいですよね。部屋の中がその動物の臭いで充満してしまうと、大変ななことになります。自分は慣れても、お客さんに嫌な顔をされてしまうかもしれません。部屋に臭いがこびりついてしまうと、大家さんにもいい顔はされないことでしょう。臭いがきつくない清潔なペットを飼うようにしなければ、思わぬトラブルに見舞われることもあります。隣人から苦情が来るということも、マンションでなら十分考えられますよね。

寿命がどの程度なのかも要チェック

ペットの種類によっては、人間よりも長生きする場合があります。亀などは長寿だということで知られていますが、確かにリクガメ等は、50年近く生きることも珍しくはありません。下手をすると飼い主よりも長生きをしてしまうかもしれない点には注意しておきましょう。可愛いペットが長生きをしてくれるのはありがたいですが、高齢になってくると世話ができるかどうかも分からなくなります。将来的に扱いに困ることがないように、寿命のチェックは必須でしょう。

最後はフィーリングで選ぶのが吉

ただ、やはりどのペットを選ぶかは本人の自由です。多少不便でも、可愛ければそれでいいという考え方も間違いではないでしょう。フィーリングでこの子がいいと思えるようなら、その子に決定して問題はありません。なぜなら、愛情さえあるならば、多少の問題は乗り越えていけるからです。新しい家族を迎え入れるときに、打算や妥協は必要がないのかもしれません。ただしそれでも、その動物に関する最低限の勉強と一定の考慮期間は必要です。

神奈川県は住環境もよく、居住面積も比較的広く持てることからペットを飼うご家庭も少なくありません。大切な家族であるペットをお探しの方に、ペットショップなら神奈川県が充実しています