犬を飼うならペットショップ?それともブリーダー?

ペットショップで犬を選ぶならこの2つに注目しよう!

ペットショップには可愛い犬がたくさんいますよね。生き物ですから清潔な環境で愛情をたくさん注がれながら販売されていますが、中には悪質なペットショップが存在するの事実です。

ペットショップで犬を購入する場合に注目するべき点は2つです。

まず、店内の清潔さをチェックしましょう。床が汚れていたりガラスケースが汚い、または悪臭がする場合は子犬の管理がきちんとされていない可能性がとても高いです。病気になっている場合や弱っていることもあるので購入前にしっかり確認しましょう。

2つ目はスタッフの態度です。店内での接客や電話での対応をしっかり確認します。また、子犬についていろいろと質問してみましょう。生き物を扱う以上最低限の知識を持っていなければいけませんので、質問に全く答えられない場合は購入をひかえた方がいいと言えます。

ブリーダーから選ぶ場合はコレに気をつけるべき

ブリーダーで犬を選ぶ場合もまずは環境に注目しましょう。汚い場所で育てているようなブリーダーは信用できません。

また、ブリーダーの選び方ですが自分が飼いたい犬種のみを育てているブリーダーを選びましょう。全てのブリーダーがそうではありませんが、何十種も育てているブリーダーは人手不足で飼育環境が悪かったりしっかりと愛情を注げていないことが多いので避けたほうがいいです。

ブリーダーから譲り受けようと考えている場合は現地に行き自分の目で環境をしっかり確認することが大切です。その際、フードや育て方のコツなどたくさん質問し、しっかり答えてくれるようなブリーダーであれば信用しても大丈夫です。

ペットショップでは、犬や猫を始めとする動物や必要なグッズを販売しています。中にはカフェを併設しているなど特色のある店もあります。大都市にはお店もたくさんあるので、ペットショップなら東京都です